風俗で働くメリットを伝えてパパ活女子を在籍させるには?

フーコム営業マンの業界日誌

当ブログでも何度か紹介しましたが、女の子が個人的に男性(主に中年男性)からお小遣いをもらい、デートや食事、あるいは性交渉まで行う「パパ活」は、今や広く世間に知れ渡っています。女の子達は、楽にお小遣い稼ぎが出来そうといった安易な理由で「パパ活」を始めるようです。しかし、「パパ活」で稼げる女の子達はほんの一握りで、警察沙汰になるようなトラブルに巻き込まれてしまう例も多いようです。不謹慎ではありますが、風俗経営者側の視線で見れば、「パパ活女子」は有望なキャスト候補とも見てとることができるでしょう。今回は、「パパ活女子」を口説いて、所属キャストへと勧誘する方法を指南いたします。

パパ活女子の特性とは

「パパ活」とは、男性からお金を貰い食事やデート、性交渉を行う行為です。これはいわゆる「売春行為」であり、違法なものです。中には1回の食事の度に1万円のお小遣いが貰えたり、愛人契約かのように高級マンションに住まわせて貰えたりと、景気の良い話もあるようですが、多くの「パパ活」は1回限りで終わってしまい、わずかな小遣い稼ぎでしかないようです。

それでも、一度このような方法で男性からお金を得てしまうと、「パパ活女子」達は、それが違法行為だと知りながらも抜け出すことができません。一般の社会人として働く事はもちろん、風俗やキャバクラのように「お店に所属して」働く事も面倒になってしまうようです。

パパ活女子を口説くには

このような何かに所属すること、何かに縛られることを嫌う「パパ活女子」を所属キャストへ勧誘するには、「パパ活」のリスクを悟らせることが肝心です。「パパ活」が成功しているうちは構いませんが、個人対個人の売春を伴う違法行為は、相手の男性からお金がきちんと貰えなかったり、暴力行為をされてお金を持ち逃げされたりと、危険なトラブルが尽きません。

そういった場合、間に誰も介在していないので、助けてくれる人は居ません。また、警察に行ったところで、行っているのは「パパ活」という限りなくグレーな行為、あるいは場合によっては売春という「違法行為」であるため、よほどなことが無い限り動いて貰えず、運よく事件化して貰えた場合でも、被害者であるにも関わらず、世間の評判など、その後の社会生活などに多くの犠牲を払わねばなりません。

その点、お店に所属して「キャスト」として働く事を選択すれば、客とのトラブルが発生した場合、お店のルールさえ守っていれば、お店が必ず守ってくれます。客の男性側も「お店」を通じて女の子と遊んでいる手前、「本番行為」を要求してくる事は稀であり、要求した時点でお店が客を排除することができます。

男性が払うお金の全額を手にすることは出来ませんが、お店に所属することにより自ら男性に声をかける必要もなく、身の危険を感じることもなく稼ぐことができるのです。「パパ活女子」にこのような点を理解して貰えば、お店の「所属キャスト」に転身して貰えるでしょう。

まとめ

風俗経営において、女性キャストの所属数を保つことは、風俗経営において最重要課題です。女性キャストを集める事において、複数の方法、ルート、人脈を持っていることが成功の秘訣と言えるでしょう。「パパ活女子」は「男性に(性的な)サービスをしてお金を貰う」という点において、風俗へのハードルの低い、有望な「キャスト候補」です。積極的に勧誘すべきでしょう。