外国人観光客向けへの風俗ビジネスは成立するか?問題点とメリットをご紹介

フーコム営業マンの業界日誌

現在、日本各地の繁華街には、多くの外国人観光客が訪れています。飲食店や小売店、宿泊施設などは外国語の案内や外国語対応サービスを行うことで、外国人観光客を積極的に取り込もうとしています。では、風俗業界についてはどうでしょうか。外国人観光客向けのサービスは成立するのか? 問題点とメリットをご紹介します。

問題点

外国人観光客向けの全てビジネスにおいて解消しなければならない問題は、言葉の違い、文化の違いです。風俗業界においてもそれは同様であり、日本特有の「本番行為禁止」については、言葉が通じなければ理解がされず、キャストに危険が及ぶことになりかねません。また、マナーを守れない客、泥酔客の対応についても、言葉が通じなければ対日本人客よりもリスクの高いものとなるでしょう。応対スタッフだけでなくキャストにも多少の外国語能力が必要となるため、サービスの行えるキャストも限られるでしょう。さらに、集客方法についても外国語への対応が必要です。日本語のサイトや情報誌が外国人の目に留まる、外国人観光客が理解できることはまずありません。

問題点の解消法

まず、外国語である程度の案内ができるスタッフとキャスト、及び「中国語版」「英語版」等、外国語に翻訳されたお店のホームページが必要です。また、接客におけるトラブルやリスクを減少させるためには、派遣型でなく店舗型に限定すべきかもしれません。立地については、外国人観光客に広く認知されるため、「観光地」あるいは「日本的な文化」として観る・体験する価値のある場所でなければなりません。例えば、吉原のソープ街のように外国人観光客にとっての見どころの一つである浅草や上野に近く、歴史的・情緒的な価値のある地域であったり、渋谷や新宿等、先進国としての東京都の象徴的な土地柄であったりすれば、集客はより容易になるでしょう。

外国人観光客向けのメリット

今現在、風俗業界においてインバウンドビジネスに着手しているお店はほとんどありません。競合のいない状態であり、独り勝ちできるチャンスと言えます。また、外国人男性の中には日本人女性に対して憧れを抱いている事も多く、需要は高いでしょう。限定的なビジネスのため、提供価格を通常よりも高く設定できるのもメリットの一つです。

まとめ

様々な障害・解決すべき問題点も多々ありますが、同時にメリットも非常に高い風俗業界のインバウンドビジネス。需要は確実に存在するため、リスクを避けながら、外国語で案内ができるスタッフとキャストを少人数でも揃える事ができれば、大きく利益を上げることができるでしょう。やってみる価値の高いビジネスと言えるでしょう。