ピンクサロン・ピンサロってどんな風俗?

業種ジャンルを学ぶ

安価で手軽にヌクことができることでおなじみの『ピンクサロン』。略してピンサロと呼ばれ、風俗サイトにも掲載されていたり、一つのジャンルを築いていることもあり、普通の性風俗店と思われがちです。しかし、実は建前上は飲食店と同じ扱いであるということは、風俗店開業をお考えの方であればご存知のことでしょう。

ピンサロの歴史と風営法上の位置づけ

その歴史は意外にも古く、1960年頃に『ピンクキャバレー』をはじめとする、おさわり専門店に、現在で言うところのオプションで局部へのリップサービスを取り入れて現在の形が完成。1970年代後半にブームとなりましたが、同時期に台頭を始めたファッションヘルスと人気を二分するようになりました。

多くのピンクサロンは、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の風俗営業2号営業、もしくは深夜における酒類提供飲食店営業の届け出で営業しています。そのため、他の性風俗店と異なり性風俗関連特殊営業に位置づけられていません。それにもかかわらず性的なサービスを行っていることは、暗黙の了解とでも言いましょうか。そのため、当局による営業停止処分を受けることも珍しくありません。ソープランドやファッションヘルスと比較すれば、ある日突然閉店しているケースは圧倒的に多いといえます。

ピンサロの営業メリット・デメリット

営業上のメリットを考えてみましょう。ファッションヘルスやイメージクラブなど、新規の店舗型風俗店の出店が難しくなっている昨今、キャストにコスプレをさせたり、内装にこだわった新規のピンクサロンも増えています。そこに着目したユーザーや、店舗型イメクラの雰囲気を懐かしんだユーザーの動員が見込めることは一つの強みではないでしょうか。

また、条例によって性風俗店の出店が禁止されている地域でも、飲食店として出店できる可能性があります。そのため、繁華街で営業しているピンクサロンも多く、飲み会などの二次会的ポジションでの集客も見込めます。しかしながら前述のとおり、営業停止処分を受けるリスクと隣り合わせのメリットです。

都内はまだ比較的ピンサロが生き残っていますが、過去には国際的イベントの前後にピンサロが絶滅したエリアもあります。外国人観光客の誘致もますます盛んになる今後は、絶対的に安全なエリアというのは無いのかもしれません。

ピンサロユーザーとキャスト

前述のようにピンクサロンは建前上飲食店であるため、個室やシャワーを設置することができません。ですから、客の局部はキャストがおしぼりで拭くことが多く、人によっては衛生面を懸念するところでもあります。この点でユーザーの好みが分かれるところでしょう。

また、この点は働く女性も同様です。「サービス前後にシャワーを浴びられないから」と、否定的になる女性がいることも事実です。この点はキャストを集める経営サイドとしてもあらかじめ留意するべき点でしょうか。

いっぽうでユーザーからすれば、ピンサロより手軽にヌケる風俗は存在しません。「安けりゃなんでもいい」「ベッドに横たわる時間がもったいない」など、極端に思えるかもしれませんが、こういったユーザー層もやはり一定数はいるのです。

ピンサロのサービス

サービス内容はシャワー同様に個室を設けることができないため、間仕切りなどで仕切られたブースにおいて、まず、飲み物が提供されてからフェラチオを中心としたリップサービスという流れが主流です。お店によっては時間内に複数の女性によるサービスを受けることができて、これを2回転、3回転と呼んで、お店のウリにしているところもあります。なお、最近では格安店ではハンドサービス(手コキ)のみというところも増えています。

完全個室でないためユーザーは周囲が気になりがちですが、たいていの店内は適度に薄暗く、また爆音で音楽がなっています。世間のブームとは一切関係なくユーロビートが定番のBGMでしたが、最近はもう少しジャンルの幅も広がっているようです。

ピンサロの呼称と密集エリア

ピンクサロンは飲食店として営業しているため、風俗店が無いエリアにも進出していますが、密集している地域もあります。たとえば、東京の大塚や高円寺といったエリアです。

また、地域によってピンクサロンと同じサービス内容でも、呼び方が異なることもあります。有名なところでは、名古屋の『キャンパスパブ』。また、九州では『ヘルス』と呼ぶエリアもありますが、これはフェラチオのサービスがあることに由来するのでしょう。その他にも四国の一部地域や長野県の一部地域では『ファッションクラブ』と呼ばれています。そして、単に『サロン』と呼ぶエリアもあり、呼び方での地域差があります。

いかがだったでしょうか。経営者としてはなかなか手を出しづらい業種でしょうが、日本の風俗史の一翼を担ってきた重要なジャンルです。今後、条例が変わることによって規制も変わる可能性はありますが、いま現在でも庶民に愛される非日常空間を展開できるのが『ピンクサロン』の魅力ですね。