風俗業界の風紀について考えてみる

フーコム営業マンの業界日誌

風俗業界でたびたび起こるトラブルの一つに、風俗店スタッフと在籍キャストとの色恋沙汰があります。業界内では、この風俗店スタッフと在籍キャストが色恋沙汰で揉めることを「風紀」と呼んでいます。この「風紀」はなぜ発生しなぜ問題となるのでしょうか。

「風紀」トラブルの顛末

風俗店スタッフと在籍キャストは当然、男性と女性であることが多く、仕事上とはいえ接する機会が多ければ、恋愛感情が芽生えてもおかしくありません。男性スタッフが欲望のまま好みの在籍キャストに声を掛ける場合もあれば、在籍キャストから仕事上の理解者であり優しく接してくれる男性スタッフに恋心を抱いてしまう事もあるでしょう。

お互いに内密にするよう口裏を合わせたところで、露見してしまう事がほとんどです。いずれの場合でも、商売上の大事な「商品」(在籍キャスト)に手を出した男性スタッフが厳しい処分を受けます。多くは店から罰金を課されることになります。金額はお店によって幅がありますが、大きければ数百万円単位にもなり得ます。

「風紀」トラブルはどこが問題なのか

風紀」トラブルが露見すれば、店内中で噂が広まりいずれはSNS上で拡散され常連客も知るところとなります。当該キャストが店に居られなくなるのはもちろん、他の在籍キャスト達はその事実がなくとも「フリー客の優先あっせん」など、当該キャストの「贔屓」を疑うようになります。そうなれば、在籍キャストのモチベーションは下がり出勤率の低下や退店に繋がるでしょう。

また、常連客の知るところとなれば、当該キャストの指名が無くなるどころか来店さえしなくなってしまうでしょう。

「色管理」と「風紀」の違いと「色管理」の有用性

一方で風俗業界においては「色管理」という在籍キャストの管理手法があります。具体的には風俗店スタッフや店長、オーナーが特定の在籍キャストに自分の恋人のごとく恋愛感情を持たせ、働くモチベーションを保たせる手法です。「風紀」との違いは、恋愛感情や男女の関係を持ちだすのは、あくまで「風俗店で働かせる」目的のための手段でしかない点です。

この手法は、どうしても店に必要な人気嬢を繋ぎとめ、出勤率を上げさせるのには有効とされています。しかし、男性側からは偽りのものとはいえ、恋愛感情を介した手法ではあるため、当該キャストが他のキャストに嫉妬や焼きもちを焼いたり、当該キャストと痴話喧嘩を起こしたりすれば、かえって面倒な事にもなりかねません。さらに、あからさまな贔屓をすれば「風紀」と同様、他のキャストからの風当たりも強くなり、出勤率の低下や退店にも繋がります。

まとめ

スタッフや在籍キャストの退店や客離れに直結する「風紀」だけでなく、様々なトラブルの元になり得る「色管理」も「恋愛感情」という計算できない要因を多く含むため、風俗店の健全な経営には沿わないと言えるでしょう。「性」を扱う商売とはいえ、あくまでビジネスです。従業員や在籍スタッフの環境や待遇を整えた上で、経営側を含め最低限のビジネスマナーを守って経営をしていきましょう。