なぜピンサロは儲かるのか?

フーコム営業マンの業界日誌

風俗業界にはデリヘルやイメクラ、エステなど様々な業態があり、価格設定や損益分岐に至る必要客数等は業態により違います。風俗業界において開業を目指すなら誰もが「利益率を上げるため、客単価を上げたい」と考えるでしょう。そのような「常識」の中で、風俗の業態の一つである「ピンクサロン」いわゆる「ピンさロ」は、客一人あたりの単価が3千円~7千円と安価です。客単価1万円~1万5千円のデリバリーヘルスと比べ、ホテル代がかからないこと、客一人あたりのプレイ時間が30分以下と短時間であり回転率が高いことを差し引いても、半分以下の客単価です。この「ピンサロ」はどのように利益を上げているのでしょうか。

ピンサロ」とはどんな業態か

「ピンサロ」とは店舗型の風俗であり、大音量の音楽が流れる薄暗いフロアがパーテーションのような薄い壁で仕切られています。仕切られたスペースには1人から2人が座れるソファーが設置され、そのソファーに腰かけた状態で女性からサービスを受けます。サービス時間は20分から30分、シャワー等はなく提供されるおしぼりが使われます。

サービスする側の女性の年齢層も「ギャル」から「熟女」まで幅広く、女子高生風の制服を纏ったコスプレ店もあります。来店客にとっての魅力は「安さ・手軽さ」です。受付などの手続きや待ち時間もなく、サクッと済ませられることが人気を得ています。

しかし、厳密に言えば「ピンサロ」は風俗店ではありません。店舗型ヘルスやソープランドのように風俗営業の「届出確認書」を提出しておらず、キャバクラやガールズ・バー等と同様の「社交飲食営業許可証」を得て営業を行っています。性交渉はもちろんNGであり、部屋の薄暗さや客席の配置、仕切り方などの細かな規制があるので、開業する場合には注意が必要です。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください

ピンクサロン・ピンサロってどんな風俗?

「ピンサロ」が儲かる理由とは

客単価の低い「ピンサロ」が利益を上げられるのはなぜでしょうか。風俗店の多くが在籍キャストに「歩合制」で、客一人あたりの「取り分」を支払うのに対し、「ピンサロ」店は在籍キャストに「時給」で給与を支払います。平均的には

時給1,500円~2,500円

1本接客で1,000円

指名バック、ドリンクバック

お店によって上下はありますが、このような給与体系です。例えば客単価4,000円として1人のキャストに対して1時間内に1人の来店があったとすると

4,000円×1人-キャスト時給2,000円‐1接客1,000円×1=店舗利益1,000円

2人来店した場合
4,000円×2人-キャスト時給2,000円‐1接客1,000円×2=店舗利益4,000円

3人来店した場合
4,000円×3人-キャスト時給2,000円‐1接客1,000円×3=店舗利益7,000円

このようになります。デリヘル等の業態では、キャスト1人に対し1時間で2人以上の接客を行うのは不可能であるため「ピンサロ」のような回転率・利益を稼ぐことはできません。その点が「ピンサロ」の特徴です

「ピンサロ」経営上の注意点

繰り返しなりますが「ピンサロ」は風俗店ではなく、「社交飲食営業許可証」を得て営業を行っています。その為、キャストが客から料金を得て「性的サービス」を行えば、違法行為となり警察の摘発を受けて営業停止処分となります。

営業停止期間中は利益を得ることができませんが、店舗の家賃や従業員・在籍キャストの給与は支払わなければなりません。「ピンサロ」における「営業停止処分」は珍しい事ではないため、同じ営業エリアに複数店舗を営業して、その時に備えているお店もあるようです。

まとめ

「ピンサロ」と聞けば「古い、汚い、暗い、ダサい」等のマイナスイメージを抱く方も多いでしょう。しかし「ピンサロ」は各地の歓楽街に長く根付く、安定した人気を誇る優良なビジネスモデルです。この「薄利多売」の仕組みを理解し、自らのビジネスへと生かすのも良いと思います。