女性向け風俗はなぜ儲かるか?

フーコム営業マンの業界日誌

今、巷では「女性向け風俗」が、密かな人気を集めつつあるようです。女性向け風俗とは、その名の通り「男性が女性に対して性的なサービスを行う」もの。男性向け風俗同様、お店のコンセプトやサービス内容にも様々あるようです。どのような業態が人気を集めているのか。今回は、女性向け風俗について触れたいと思います。

女性向け風俗の内容とは?

“出張ホスト”が最もポピュラーな業態でしょう。女性向け風俗において“店舗型”は今のところ存在しません。女性が人目を忍んで“店舗”へ出入りするのは難しいため、どうしても“派遣型”の業態にならざるを得ません。

男性向け風俗同様、マッサージをメインとするサービスや、恋人のように添い寝をして過ごすなどの“ライトな”サービスを提供する業態や、直接的な“性的なサービス”を行う業態など、提供される性的サービスは様々です。

女性向け風俗であっても男性向け風俗同様本番行為は違法であり、拠点事務所を管轄する警察署への届出も必要です。男性からの目線で考えれば、女性であれば“女性向け風俗”を利用しなくてもお金を支払うことなく男性と遊ぶことができ、性的な満足を得られるだろうと思いがちです。

しかし、金銭的余裕のある女性であれば、金銭的な対価を支払い自分好みの男性に気兼ねなく性的なサービスを受ける方がより満足を得られることもあるのです。その分“男性セラピスト”や“出張ホスト”に求められる資質は、男性向け風俗の“女性キャスト”よりもより高いのかもしれません。

女性向け風俗の仕組みとは?

女性用風俗にもある程度のニーズがあるのは、お判り頂けたことと思います。しかし、その程度の需要で“女性向け風俗”は成立しうるのでしょうか。女性向け風俗店が男性向け風俗店と最も異なる点は、お店に入店してくる“男性キャスト”から、“登録料”を徴収する点です。

お店によって変わるようですが、1名につき5万円~10万円程度のようです。つまり“男性キャスト”が増えれば入金があり、オーダーがあれば入金があるのです。

必要経費に関して言えば、広告媒体を使わないため広告宣伝費もかからず、男性が“登録費用”を支払ってでも入店を希望してくるので、キャスト募集費用もかかりません。ニッチな需要であっても儲ける事ができるのが、お判り頂けると思います。
具体的な店舗運営に関して言えば、男性向け風俗の運営においては大きなストレスとなり得るキャストの管理も、同性である男性が相手であり、また、登録料まで支払って女性への接客を希望している人間なので、多少ラフな対応をしても支障はありません。

一つだけ注意しなければならないのが、男性キャストの方からプレイ中に“本番”を求めてしまう可能性がある点です。男性心理として理解は出来ますが、あくまでも違法行為です。キャストを派遣する際には注意しなければなりません。

まとめ

今回は、女性向け風俗について触れてみました。まだまだ競合の少ない業態のため、参入を検討してみてはいかがでしょうか。風俗業界においても、女性向け風俗に限らず日頃から様々な情報に耳を傾け、新たなニーズを開拓する柔軟な姿勢が大切かと存じます。