デリヘル開業時の求人・集客広告の選定基準をご紹介

フーコム営業マンの業界日誌

店頭や街頭に看板を出せないデリヘル店にとって、ネットへの広告宣伝は営業の生命線と言っても過言ではありません。店舗当たり毎月平均20~30万円、大規模店・人気店であれば、100万円以上の広告費を消費しています。広告費を削って露出を減らしてしまっては、お客さまも在籍キャストも集まりません。かといって必要以上にかけてしまえば、お金がいくらあっても足りません。今回はデリヘル開業時の求人・集客広告の選定・掲載方法をご紹介します。

求人広告と集客広告

風俗業には大きく分けて2種類の広告が必要です。キャストを集める「求人広告」とお客さまを集める「集客広告」です。どちらも重要であり、どちらかに偏ってしまっては運営に支障が起きかねません。より多くのお客さまを集め、キャストを派遣する。よりよい女の子を入店させ、さらにお客さまを呼び込む。そうして売り上げが上がっていくのです。

広告費用の概算をすれば、東京都23区内で出店する場合、ネット広告の相場が媒体あたり月5~15万円。これを集客広告・求人広告合わせ5~8サイトに掲載します。安く見積もって5万円×5サイトで25万円、最大で15万円×8サイトで120万円。お店の営業規模や売り上げ目標を考慮し、広告予算を決めましょう。

また、営業エリア(サラリーマンの多い駅周辺なのか学生街に位置するお店なのか)やお店のコンセプト(スタンダード店か人妻店か、等)によって掲載すべきサイト、掲載すべき内容も異なります。全てのジャンル・価格帯がカバーされた総合的な風俗情報サイトもあれば、SM店やM性感に特化したマニア向けの情報サイトも存在します。

お店のコンセプトや価格帯、集客したいお客様の年齢層・嗜好に合ったサイトを取捨選択し広告を掲載すべきでしょう。

デリヘル新規出店時における広告選定の注意点

デリヘル新規出店時に、派遣可能なキャスト数が揃っているかどうかで集客広告・求人広告のバランスが異なります。キャストが不足していれば、集客と同時に求人広告にも費用を割くべきでしょう。

逆に十分なキャストが揃っていれば、集客広告により力を入れるべきです。集客がままならずキャストがお茶を引いてしまいがちになれば、退店が増え、たちまちキャスト不足に陥ってしまうでしょう。

また、キャスト数の確保については、常に考慮しましょう。風俗業界に飛び込んでくる女の子は移り気であり、理由なく退店することは日常茶飯事です。また、新たなキャストが入店せず、決まったキャストのみで営業を続ければ、新鮮味がなくなり固定客が離れる原因となりかねません。十分なキャストが揃っていても、ある程度の求人広告は継続して掲載すべきでしょう

まとめ

デリヘル新規出店時には、売り上げの見通しも立っていない中、広告を掲載することになります。お客さまや新規キャストが全く集まらない、効果のない広告を掲載してしまっては、毎月数十万円の広告費が無駄になってしまいます。営業エリアやお店のコンセプトに合ったサイトを選定し、無駄のない、より効果的な広告宣伝を目指しましょう。