デリヘル開業時に必要な不動産、ホームページ、広告代理店の業者選定

フーコム営業マンの業界日誌

デリヘルを開業するにあたって、様々な業者とのお付き合いが始まります。事務所や受付所、待機所などを契約するための不動産業者。キャストやシステム内容の紹介・ご予約など、お客様とのコミュニケーションの基本となる、ホームページ作成業者。お店の存在を知らしめ、お店のコンセンプトや企画・サービスなどを広く宣伝するための広告代理店などなど。

どのような商売であっても、このような各種業者を選ぶにあたっての誤りは、開業後の致命的な失敗につながりかねません。ここでは、不動産業者、ホームページ作成業者、広告代理店を選定する上での注意点を上げてみます。

不動産業者

デリヘルを開業するにあたり、営業拠点としての事務所が必要となります。事務所として使用する物件は、不動産業者を介して、物件所有者(大家)から賃貸することとなります。近年、風俗営業法が改正され、デリヘルを開業するには、警察からの「届出確認書」の発行が必須となりました。

事務所設置地域の所轄警察署から「届出確認書」を発行してもらうためには、まず先に事務所として使用する物件所有者(大家)から「風俗営業使用承諾書」を取得しなければなりません。つまり、物件所有者(大家)から「この部屋でデリヘルをやってもいいですよ」という許諾を書面で貰わなければなりません。積極的に「デリヘルをやって欲しい」という物件所有者(大家)はごく少数であり、賃貸にあたっては「家賃を1万円、礼金1ヶ月分を上乗せです」といった追加条項を提示されることが多々あります。

これに乗じて、物件所有者(大家)の追加条項にさらに上乗せした金額を提示し、許容の範囲を超えて、自分の懐に入れてしまう悪徳不動産業者も存在します。また物件所有者(大家)からの承諾の確認が甘く、契約後に「デリヘルやるなんて聞いてない」とトラブルになってしまうケースもあるので、不動産業者は慎重に選びましょう。

ホームページ業者

最近では「制作初期費用0円、月額数千円」のホームページ作成業者も増えています。オープン時にコスト削減ができるホームページ業者は非常に魅力的ではありますが、格安の管理費の中には画像制作費や、電話サポートなどのサービスが含まれてない場合があります。こういった格安業者を利用する際は、専門知識や画像を自社で作成できるスキルがなければいけません。

そもそも、月額数千円の単価のみで顧客訪問やキメ細かなサポート対応を求めるのは、業者側にもメリットがありません。格安のホームページ作成業者とお付き合いをするときは、その点を理解しておいた方が良いでしょう。PCの知識や業界の経験もあまりなく、より丁寧なサポート対応を必要とする場合は、画像作成とサポートの有無をしっかりと確認する必要があります。

また、オーダーメイドのホームページでは製作費が50万円以上する高額な業者もあります。これから開業する、個人の1号店であれば高額なホームページを依頼するのは得策ではないでしょう。風俗用の一般的なホームページの相場は製作費5~10万円、月額保守料2~3万円ほどが平均的です。まずはこの辺りを一つの目安として考えるのが妥当でしょう。ホームページ作成業者の選定については、最低限の知識を学び、オープン時に自分のお店が必要としている適切なレベルの業者選定をしましょう。

広告代理店

風俗業界において広告とは、より多くのお客様を集めるための「集客広告」と、より多くのキャストを募集するための「求人広告」の2つを意味します。風俗業界の広告代理店は店舗運営に関してコンサルタントのように機能し、今後の事業展望や現在の損益状況を考え、広告の提案をします。

「とにかくキャストが必要だから」と安易に求人ばかりを掲載してもキャストは集まりません。また、より大量に広告を出せば、より多くのお客様やキャストが集まるというわけでもありません。個々のお店によって適切な広告予算や利益目標、キャスト数などが違います。よって、そのお店に合った広告プランの提案が必要となります。店舗側の考えを理解したうえで、違った角度からの提案や、誤った方向性に進みそうな時には、しっかり「NO」と言える広告代理店を選択しましょう。

まとめ

風俗業界は、未経験者の方でも開業をして利益を上げる可能性の高い、夢のある業界ではありますが、開業にあたって最低限の基礎知識は必要です。最近はクリーンになった業界とはいっても、未だ怪しい業者や人物は数多く存在しています。そのような人たちに騙されないよう、しっかりとした情報をインプットしましょう。間違ってもだれかに頼る前提ではいけません。キャスト募集はスカウトマン任せ、集客は広告代理店任せにせず、自分でできる、自分で行う業務の+αと考えましょう。