これからデリヘル開業する方は必見!風俗業界で今が旬なコンセプトとは?

フーコム営業マンの業界日誌

先日某大手風俗店グループのクライアント様と話していたところ、来月出店予定の店舗の話になりました。その店舗が、意外コンセプトお店であったため「他にもいろいろなコンセプトのお店を運営されていますが、どうしてまたこのコンセプトのお店を出店するんですか?」と聞いたところ「それはもちろん、このコンセプトのお店が今一番伸びしろがあるからですよ」とのこと。果たしてそのコンセプトとは?

今が旬なコンセプトとは?

それは「ぽっちゃり店」です。あくまで「ぽっちゃり」ですので、「極端に太っている女の子」とは異なります。これは私見ですが、近ごろ風俗業界で働く女の子は、傾向として体重が増えているように感じます。統計などを取ったわけではないで明確には言えませんが、風俗店の経営者の方々も感じておられる事だと私は認識しています。その証拠に「ロリ系」のスタンダードなお店を開店したが「ぽっちゃり」な女の子がよく集まるから、その受け皿として「ぽっちゃり店」を開店したというグループ店さんのお話をよく伺います。最初に話の出た某グループ店さんも、このような経緯で「ぽっちゃり店」を展開し始めました。

ぽっちゃり店経営のメリット1

先ほども触れたように風俗業界で働く女の子に「ぽっちゃり」な女の子が増えたため、「ぽっちゃり店」の求人対象となる女の子が増加しています。また、通常のお店だと「太っているから」と採用を断っていた女の子も「ぽっちゃり店」では採用枠となるため、キャストを増やしやすいです。某グループ店のクライアント様も、「ぽっちゃり」を展開し始めたのは「求人単価がほとんどかからないから」と言うのが理由でした。実際に求人広告も掲載料金の安い小さな枠でも大きな効果が得られるそうです。

ぽっちゃり店経営のメリット2

「ぽっちゃり店」は、価格が安いので自ずとお客様も集まりやすいです。「私は、ぽっちゃりしているより普通の体系の子の方がいい」と思う方も多いはずです。しかし、従来まで、より安く風俗で遊ぶためには、極端な激安店以外を選ぶ以外はキャストの年齢層で妥協をして「人妻店」・「熟女店」で遊ぶしか、選択肢がなかったのです。それが、年齢ではなく体系で妥協すれば、若い子と安い価格で遊べるのが「ぽっちゃり店」です。そういった「ユーザー心理」をうまくついたのが「ぽっちゃり店」と言えるでしょう。

まとめ

ここ最近では、フランチャイズ展開しているお店もあり「ぽっちゃり店」が急増しています。もうしばらくしたら現在の「人妻店」のように飽和状態になってしまうかもしれません。ですので、経営に乗り出すのであれば、早い方がいいでしょう。また先ほども述べた通り、「ぽっちゃり店」では、価格を安く設定しなければならず、客単価が低くなってしまいます。利益を補うために、「スタンダード店」などの別ジャンルの店舗を同時経営することを検討された方がいいのかもしれません。