在籍キャストのプロフィール画像の加工は必要か

フーコム営業マンの業界日誌

風俗店を利用しようとお店のHPを閲覧したら可愛くてスタイルも良く魅力的な女の子ばかり、でも実際利用してみたらイマイチだった。所謂「パネルマジック(パネマジ)」現象ですが、風俗利用者なら心当たりのある方も多いでしょう。驚くような容姿をした在籍キャストも高級店ならあり得ますが、平均的な風俗店にはそれ相応の女の子が在籍しているものです。なぜこのような「勘違い」が起こってしまうのか。それは風俗店が在籍キャストのプロフィール画像をHPへ掲載する際、より魅力的に見えるよう加工をするからです。

在籍キャストの画像が加工される理由

街頭広告や歓楽街での声掛けが出来ない今、風俗店のHPに掲載された在籍キャストのプロフィール画像が魅力的に見えなければ、利用客は集まりません。風俗店の看板あるいは利用客を惹きつける唯一の手段ともいえる在籍キャストのプロフィール画像をより魅力的に見せるため、様々な加工がなされます。プロフィール画像撮影時の照明やカメラの選択・美白加工はもちろん、撮影された画像データをパソコンの編集ソフトで整えます。これらの努力によって在籍キャストはみなボン・キュッ・ボンのスタイルでアイドルと見紛うような整った顔立ちに見えるのです。前段でお話した「パネルマジック(パネマジ)」が起こってしまうのも無理はありません。しかし、在籍キャストのプロフィール画像を加工するのはそれだけが理由ではなく「身バレ」を防ぐという一面もあります。在籍キャストの中には家庭や生活環境にさまざまな事情をかかえていたり、親や親類などに隠れて仕事をしていたりと、身元が特定されたくない女の子もたくさんいます。そのような理由で画像が加工される事もあります。

画像を加工する上での留意点

集客のため、あるいは女の子の身元を守るため、在籍キャストのプロフィール画像を加工するのは、ある程度必要でしょう。しかし、利用客に「全くの別人」と思われるほどの加工が施されてしまっては「パネマジ店」とのレッテルが貼られ、客離れにつながってしまい、在籍キャストが利用客から直接「パネマジ」を理由に「チェンジ」を言い渡されたり、クレームを受けたりすれば、退店率も上がってしまいかねません。

「パネマジ」と「振替」の違い

「振替店」については、こちらの記事を参照ください。

近年増加傾向にあるデリヘルの振替店。振替店はなぜ増えているのか?

指名したキャストとは全く別の女の子がやってくる「振替」と見た目がかなり違ってはいるが本人がやってくる「パネマジ店」。悪質度合いで言えば断然「振替」行為ですが、あまりにもプロフィール画像の加工をやり過ぎてしまえば、利用側にとって違いはないのかもしれません。「振替」と同じように思われないためにも、過度な加工は控えるべきでしょう。

まとめ

在籍キャストのプロフィール画像の加工は必要な事ですが、やり過ぎれば利用客も在籍キャストも離れていってしまいます。プロフィール画像に過度な加工が必要と思われる女性は、採用しないのが得策でしょう。