コロナ禍で高まるライブチャットの需要について

フーコム営業マンの業界日誌

コロナ禍における緊急事態宣言下では外出や人との接触が制限され、夜の商売の中でも接客を伴うキャバクラや、大勢の利用客・在籍キャストが密になり易い店舗型風俗店から客足が遠のき大きな打撃を受けました。一方で、人との接触を伴わないリモートワークやZOOM会議など、新しい技術や生活習慣への需要が生まれました。アダルト業界でも遠隔で女の子と1対1の会話が楽しめる「ライブチャット」が話題となりました。

ライブチャットとは

「ライブチャット」とは、男性利用客が時間毎の利用料金を支払い画面越しで「女性キャスト」と会話を楽しむサービスです。「女性キャスト」との交渉次第では、肌の露出や煽情的なポーズを鑑賞することも可能です。配信業者は募集した「女性キャスト」を「FANZA」や「エンジェルライブ」等のプラットホームを介して男性利用客と引き合わせます。

風俗店のように直接的な性交渉を楽しむことはできませんが、コロナ禍においては男性利用客も「女性キャスト」も感染を恐れる事が無いため需要も高まります。「ライブチャット」に関しては過去にも紹介していますのでご参照下さい。

風俗と比べたライブチャットのメリットデメリットとは?

ライブチャットとデリヘルの兼業について

「ライブチャット」は「風俗店」や「キャバクラ」の「代替え商品」となり得るか

「ライブチャット」と「風俗店」や「キャバクラ」とは、「接触をしないこと」の他、料金体系でも異なります。「ライブチャット」の利用客は「経過時間1分につきいくら」で料金を支払います。

その為、会話が退屈であればすぐに回線を切り、他の「女性キャスト」へ切り替えてしまいます。「女性キャスト」側から見れば、風俗店のように「一本いくら」で指名が入れば決まった金額が貰える訳でなく、キャバクラのように「時給」でお金が貰える訳でもないため「男心をくすぐって時間を引き延ばせる女性キャスト」が独り勝ちします。

「元風俗嬢」や「元キャバクラ嬢」がコロナ禍によって「ライブチャット」の「女性キャスト」へ転職しても順応できず、稼ぐことが出来ない事も多いようです。また、客層についても実際に女性と触れ合って満足を得たい「風俗店」や「キャバクラ」利用層よりも「アダルトビデオ」の利用層に嗜好が近く「風俗店」の「代替え商品」とはなり得ません。

つまり「風俗店」や「キャバクラ」からの利用客の流入は考えにくいですが、コロナ禍によってあぶれた「風俗嬢」や「キャバクラ嬢」の転職先として「ライブチャット」の「女性キャスト」が増加し、その結果、従来の「ライブチャット」利用層からの「消費金額」が増えることは十分考えられます。そういった意味では「ライブチャット」は盛況を迎えていると言えるでしょう。

「ライブチャット」ビジネスの現状

昨年5月頃から「ライブチャット」をウリにしたお店が急激に増加しましたが、今現在、そのほとんどが淘汰されています。ブーム以前からの「ライブチャット」運営会社は安定した経営を続けていますが、コロナ禍によって登録女性が増加した点においては良い影響を受けたと言えます。

コロナ禍の終息と共に「ライブチャット」市場も落ち着きを取り戻すでしょう。

まとめ

コロナ禍による悪影響の打開策として、様々な手段を講じていかねばなりません。「ライブチャット」も一つの選択肢かもしれませんがしっかりとした情報収集と準備を整えなければ、どのような策であっても成功することは難しいでしょう。コロナ禍の影響が続く中、新たな需要を開拓しこの大変な時期を乗り越えていきましょう。