最近流行のパパ活と交際クラブの違いとは?

フーコム営業マンの業界日誌

最近巷では、若年層の女の子達が金銭に余裕のある男性を「パパ」と呼び、お金を貰ってデートをし、時には愛人として交際を続ける「パパ活」が流行しているようです。ひと昔前から、これに近い、男性客が若い女性と交際のできる「交際クラブ」や「デートクラブ」は存在しました。この「交際クラブ」とはどんなお店でしょうか。

交際クラブとは

「交際クラブ」とは、金銭的に余裕があり、若い女性との出会いを求める男性に対し、女性を紹介するお店です。別称として「デートクラブ」や「デートクラブ」の頭文字を取った「DC」と呼ばれることもあります。客の男性は数十万円の登録料を支払いお店の会員となります。

そして、お店から女性を紹介してもらい、お互いに気に入ったら再度、お店へ紹介料としてお金を支払います。この紹介料は女性の容姿や人気度によって決められており、数万円から数百万円単位のこともあるようです。その後は、男性客と女性自身が交際後の支払い額を決めます。

食事だけならいくら、恋人のような事をするならいくら、月額制なのか日払い制なのか…この交渉については、あくまで男性客と女性との間で行われ、お店は介入しません。

理由は、この交際に性交渉が伴う場合、お店が介入すれば売春斡旋行為とみなされ、違法となるからです。あくまで「交際クラブ」は「男性客に女性を紹介する」お店であり、「その後の交渉は本人間で行う」原則を守らなければなりません。

交際クラブの運営方法

「交際クラブ」を開業する場合、東京都の場合はデリヘル店と同様、都条例によって拠点事務所を構える所轄の警察署へ届出をするよう定められています。(東京でない場合はこれに該当しません)拠点事務所を決めたら借主から営業承諾書を貰い、警察署へ提出します。

登録者の女性については、「パパ活」の流行もあって集めるのに苦労はしないでしょう。しかしながら、裕福な男性に選ばれ、継続的に愛人契約を結ぶためには、それにふさわしい器量や容姿が必要です。

「性的な代償を払えば、無料で美味しい食事が食べられ、お金や高価なプレゼントが貰える」と安易に考える女性が多いようですが、現実はそれほど甘いものではないでしょう。

男性客と女性がまとまった後は、お店にうま味はありませんが、そういった安易な考えで「交際クラブ」へ登録した女性をデリヘルに再スカウトして在籍させる手法で、デリヘルと同時経営しているお店もあるようです。

まとめ

「交際クラブ」や「デートクラブ(DC)」は一昔前に流行った業態ではありますが、「パパ活」や男性にお金を貰って飲み会に参加する「ギャラ飲み」が流行している昨今、再ブームが来る可能性があるのかもしれません。従来の「交際クラブ」や「デートクラブ(DC)」へ、時代にマッチした新しいコンセプトや変わったテイストを加えることが出来れば、新しいビジネスに発展するのかもしれません。