風俗業界へのコロナウィルスが及ぼす影響と傾向について

フーコム営業マンの業界日誌

ご存じの通り、コロナウィルスの流行によって日本国内にも様々な影響が出ています。海外からのインバウンドの減少、在宅ワークの推奨や各種イベントの中止、テーマパークや商業施設の閉鎖、外出の自粛などによって、繁華街や歓楽街には客足が遠のいています。風俗業界においても当然、多大な損害が見込まれます。今回はコロナウィルスの流行が風俗業界に及ぼす影響についてお話しします。

コロナウィルスの影響について

コロナウィルスの流行によって、人々は対人接触を極端に避けるようになりました。都心では、密室に近い空間で会話を楽しむようなキャバクラやガールズバーでも人々が来店を避け売り上げが激減しています。

直接肌を合わせる風俗店では尚更でしょう。普段から何とか損益分岐点をキープしていたような小規模店では、早々と店じまいの準備を整えているところもあるようです。

また、富裕層をターゲットにする高級店は、もとよりお店の衛生面やキャストの健康状態などを気に掛ける人々が多く来店する事もあり、より大きな損害を受けているようです。

海外からのインバウンドを見越した外国人向けのお店や、外国人をキャストとして採用していたお店にも大打撃でしょう。一方、そもそも人々の密集度合いの低い地方のお店では、都心ほどの影響は出ないかもしれません。

コロナウィルス騒動を乗り切るために

災害や病災は、努力ではどうにもならない事もあります。世間的な流れや雰囲気で需要の低い時期に、広告費を使って露出を多くしても効果はありません。むしろ「コロナウィルス禍後」を見通して準備をするべきでしょう。

明確な時期は分かりませんが、数カ月で今回の騒動は収まるでしょう。実は、各風俗店のHPへのアクセス数は普段より上がっていると聞きます。つまり、風俗ユーザー達は在宅ワークや外出の自粛で時間を持て余し、その分の時間を“今は行けない風俗店のチェック”に費やしていると考えられます。

性欲は一時的に我慢出来ても、永遠に我慢する事は不可能です。つまり全く需要の無くなることはあり得ません。風俗ユーザー達は、お気に入りのキャストの出勤状況や常連客の書き込みを確認して、いざ騒動が終息すれば、来店しようと考えているのです。

そのようなニーズを確実に捉えるには騒動の終焉に備え、キャストの質・量を確保する、HPは見ている側が退屈しないようマメに更新する等、コロナウィルスの終息後、それまでのマイナス分を取り返すような準備をしておくことが重要です。

まとめ

ルールやセオリーを守り堅実な営業を行っていても、今回のような予想外の出来事は起こり得ます。落ち着いて現在の状況を把握し、的確な対処をすることが肝心です。コロナウィルスによる一連の騒動が早期に終息して欲しいのは風俗ユーザーも同じでしょう。風評などに惑わされることなく、終息後の受け入れ態勢を常に整えておくことです。