風俗における正しいキャストの接し方とは

フーコム営業マンの業界日誌

風俗業界では、単純な集客数やお店の規模だけでなく、在籍キャストの仕事へのモチベーションもお店の売り上げを大きく左右する要素です。店長やスタッフが在籍キャストへの接し方を間違えてしまえばモチベーションが下がり、良い仕事、つまり丁寧な接客やより多い出勤回数を望む事は出来なくなります。また、売り上げの良い人気キャストを露骨に贔屓することも禁物です。他のキャストから不平不満が出て、キャスト間の関係性も悪くなり、人気キャスト以外のモチベーションも下がってしまいます。では、効率よく売り上げを上げるには、在籍キャストに対し、どのような接し方をすればいいのでしょうか。今回はこちらについて書いてみたいと思います

風俗業界で働く女性の特徴

自ら進んで風俗業界で働く女性は、ほとんどいないでしょう。誰しもが何かしらの事情があって風俗業界で働いています。それらの女性全員に共通することは、「お金」を必要としているということです。

ホストに貢いでしまい借金を抱えている、ちょっとした小遣い稼ぎをしたい、海外留学のため、シングルマザーで子供の養育費を賄いたい等、その理由は様々です。

どのような理由であれ、全員が「風俗で働いている」ことに対し、社会的な負い目を感じています。そのため精神的に不安を感じていたり他人からの承認欲求が高かったりと、一般的な女性より丁寧なケアを必要とする場合が多いのが特徴です。

キャストとの接し方の注意点

そのような在籍キャスト達とどのように接すればよいのでしょうか。第一に、在籍キャスト一人一人が「個人事業主」であることを自覚させる必要があります。店長・スタッフと在籍キャストは雇用主と従業員という主従関係ではなく、マネージャーと所属タレントのようなビジネス・パートナーの関係であることを理解して貰いましょう。

お客さん一人一人に丁寧な接客をして出勤数を増やせば、人気も知名度も売り上げも上がり、店での待遇もよくなっていく。あくまで自らの努力次第であり、お店により利益をもたらしてくれる在籍キャストが、お店からより良い待遇を受けるのは、当然である事を自覚させましょう。

そうした相互理解を確立した上で、在籍キャストに何かあったときにはしっかりとケアしてあげることが必要です。仕事上のパートナーとしてビジネスライクであるべき部分と女性として守ってあげるべき部分とのメリハリのある対応が必要です。

まとめ

まずは、お店と在籍キャストとの関係性をしっかりと説明して理解して貰うことが重要です。その前提がないと、プライベートの相談話に長々と付き合わされた挙句、次の出勤に現れず、そのまま退店されてしまうといった残念なケースも多々散見されます。仕事とプライベートの線引きをしっかりと行い仕事上のケアについては丁寧にしてあげるような、メリハリのある対応が在籍キャストとの上手な付き合い方と言えるでしょう。