ピュアハート 澤瀬氏#2【『ピュアハート』のお客様は浮気しない!?】

経営者インタビュー

(前回のあらすじ)
栃木県那須塩原市エリアで№1のデリヘルとしておなじみの『ピュアハート』。このお店を経営しているのが澤瀬社長です。業界キャリアは17年。オープン当初は「何をやっても上手くいった!」と豪語し、当時は豪遊をされたという澤瀬社長ですが、4年を過ぎると順風満帆だったハズが……。

前回の記事はこちら【開業資金は驚きの金額で……】

経営のノウハウが無かったから勘違いして……

―――それはスゴイですね!

(澤瀬)だけど、そこには落とし穴があったというか……。すべてノリと勢いでやっていたので…決して“経営”ではなかったのです、今振り返ってみると。私は経営を学んでいなかったので、ノウハウが無かったんです。「儲かっている!」と勘違いしていました。一切の投資をしていなかったので、次第にお金が回らなくなって……。6店舗が3店舗になって転落するには時間がかからなかったです。ただ、今となってはそれも当然なのです。現場をスタッフに任せっきりでした。当時は3店舗になっていましたが、それぞれの店長の能力がバラバラで。それに気付かず、私自身が遊び惚けていたのですから落ちて当然ですよね。本当にお恥ずかしい限りですが……(苦笑)

―――いえいえ、それだけ流行ってしまえば、そうなってしまいがちですよね。ところで、その過程で対策はされたのですか?

(澤瀬)ある大手グループで働いていたスタッフから知恵を借りましてね。現状を話したうえで一緒に組んで、アドバイスをいただき、その要素を自分の店に落とし込んで……。この時に現在の『ピュアハート』ができました。

―――さて、『ピュアハート』の本拠地である那須塩原というエリアですが、どのような特徴がありますか?

(澤瀬)皇室の御用邸があることで知られていますが、そのため店舗型風俗店を作ることができないんですね。飲み系もキャバクラは無くてスナックだけですし、繁華街が寂しい感じで(苦笑)

『ピュアハート』のお客様は浮気しない!?

―――店舗型がNGとなると、デリヘルの出番ですね。那須塩原エリアは観光客も多そうですし。

(澤瀬)ところが、那須塩原はファミリーで訪れるケースがほとんどです。現在、当店をご利用になられる県外からのお客様ですと、ゴルフ帰りの方が多いと思います。あとは地元の方ですね。もう「遊ぶならデリヘル」ということが根付いていますから。『ピュアハート』のお客様に限りましては、売上の9割がリピーターさんでして。一度、お気に入りのキャストができると浮気しないんですね。ありがたいことです。

―――ここまで『ピュアハート』というお店を確固たるブランドを築くまでに苦労もあったと思います。

(澤瀬)苦労は自分自身が経営を知らなかったもので……誰に聞いていいのかも分からなかったほどです。本当にノリと勢いだけでやって来たもので。ただ、そこで学んだことは売上さえ上げればいいってものではないということが分かって。そういうことを経験して人として学び、気付けたことは大きいです。物欲を満たしても自分自身が満足しているだけの虚しさというか……それに気付いてからは、今は周りの人……キャスト、スタッフが幸せになれればいいかなぁと思えてます。

―――社長がそのように考えているお店は強いですよね。

(澤瀬)あと、今はね、「生きていれば、それだけでいい」と思うんです。それは4年間、現場を離れていた理由というのが…大切な友人を亡くして、自分自身もいろいろ考えてしまったんですよ。そういう時期って自信を無くしますよね? 私自身、人にアドバイスをできなくなって現場を離れたんです。

―――……(沈黙)

(澤瀬)実は今回、このようなインタビューの機会を設けていただいたのは、過去と向き合うのに良いチャンスじゃないかと。だから受けてみようと思いました。

―――ありがとうございます。

(澤瀬)それで、その休んでいる頃に、ありがたいことにスタッフやキャストから「社長、現場に戻ってきてください」と言われ、現場に復帰してみたら、売り上げが酷いことになっていて。1年経った頃に『フーコム』さんに出会ってアドバイスをいただいてからは右肩上がりです!

すべてをさらけ出す……だからこそ、現在、澤瀬社長は多くの人からの信頼を得ているのでしょう。失敗したことも悩んだことも明かすことで次へ進む……だからこその力強さを感じます。次回は澤瀬社長を再び最前線へと舞い戻らせるキッカケにもなったキャスト、スタッフへの想いを語っていただきます。

ピュアハート 澤瀬氏

那須塩原で15年以上も前から営業を続けてるピュアハートの澤瀬社長。複数店舗を展開した時期も経て、今ではピュアハートのみに専念し、おしゃれなカフェのような事務所に膨大な広告料で、地域№1のお店を目指している。常に新しいものを取り入れ、さらなる飛躍を目指し「生涯現役」を掲げる社長です

【ピュアハート】
オフィシャルサイト