ライブチャットとデリヘルの兼業について

フーコム営業マンの業界日誌

近来のコロナウィルス感染拡大によって、風俗業界も大打撃を受けています。来店客が激減し、お店もキャスト達も稼げなくなっています。この現状に新たな活路を見出そうと、風俗経営者やキャストが関心を寄せているのが「ライブチャット」です。「ライブチャット」とは何か、「ライブチャット」と風俗店の兼業は可能なのか、述べたいと思います。

ライブチャットとは

「ライブチャット」とは、一言で言えば、「課金制の映像配信アプリ」です。女性がWEB上でライブ配信を行い、視聴者である男性がポイント制(例えば1ポイント100円等)で視聴料を支払います。

視聴料(ポイント)は、アダルトコンテンツ・ノンアダルトコンテンツ、時間の長さ、マンツーマンのプライベートチャット・1人対複数人のパーティーチャット等の違いで変動します。

風俗経営者や女性キャスト達が行うのは、アダルトコンテンツのプライベートチャットであり、視聴者である男性の要望に応じて配信側の女性が露出を増やしたり、アダルトグッズを使用している姿を見せたりします。

視聴男性の要望に応えるまでの時間を先延ばしにしたり、ポイントを積み増した視聴者にだけ配信を行ったりすることで、配信側(ここで言えば風俗店やキャスト)は、より多くの視聴料(ポイント)を獲得できます。

風俗店経営者が「ライブチャット」を行う場合、デリヘルの受付事務所や待機所内をパーテーションなどで間仕切りし、チャットルームを造ります。そこから在籍キャストによる配信を行わせるのです。

パソコンやスマホがあれば配信が可能なので、風俗店がわざわざ介在する必要が無いように思われますが、風俗店に在籍するような女性が自ら進んで配信等を行うことはまずありませんし、配信を始めたところで上手くいかないでしょう。風俗店が兼業として「ライブチャット」に着目する理由がこれです。

風俗との兼業について

では、風俗店との兼業による「ライブチャット」は、成功するでしょうか。「待機中の空いた時間でキャスト達に『ライブチャット』を行わせれば、楽に稼げる」という考えの風俗経営者が、多いようです。

しかし「風俗店」と「ライブチャット」の営業スキームは全く異なるものです。風俗店では、1本の仕事が入りさえすれば満額が支払われ、ライブチャットでは1分ごとに視聴料(ポイント)が積み上げられます。

男性への接待をどれだけ(時間的に)長く続かせることができるかがライブチャットの増収の鍵であり、男性を時間内にどれだけ楽しませる、満足させることができるかが重要な風俗店とは根本的に異なります。

例えば、風俗店であれば、客の要望に即座に、的確に応じていくことが増収に繋がりますが、ライブチャットであれば、視聴男性の要望に素直に応じてしまっては、視聴時間は稼げず、また視聴男性からすぐに飽きられてしまいます。かといって、全く要望に応じなければ、諦められて即座に視聴を切られてしまいます。

つまりライブチャットで稼ぐには、男性心理を巧みに操り、要望に応じる・応じないの駆け引きをしながら、なるべく長く接客をしていく技術が必要なのです。風俗店とライブチャット、どちらがより大変かではなく、稼ぎ方が異なるのです。

この点が理解・共有されなければ、風俗経営者も女性キャストもライブチャットで収益を上げることは出来ないでしょう。ただ、成功を収めた例を挙げれば、ライブ配信者1人で月に100万円をかせぐことも可能なようです。

まとめ

「風俗店」と「ライブチャット」との兼業は、場所と空き時間、経営資源の有効利用という視点で見れば効率的ではあるでしょう。しかし、同じ業務内容と考えて安易に着手すれば、失敗に繋がります。全く別の新たな業態であると考え、しっかり準備することができれば、風俗の待機時間中に副業で行うこともできるでしょう。コロナウィルス感染拡大の折、どこも大変だとは思いますが、新たな活路を見出し頑張りましょう