ヴァーチャル・リアリティー(VR)技術の風俗への導入について

フーコム営業マンの業界日誌

様々な業界で話題に上がるヴァーチャル・リアリティー(VR)。特殊な眼鏡を装着しVRに対応した映像を鑑賞することで、まるで実際にそこにいるかのような感覚になれる、映像テクノロジーです。風俗業界でもこのVRを活用できるのでは? 同じアダルト業界とも言えるアダルトビデオ業界では、VRに対応した作品が数多くリリースされています。VRは風俗でどれ程の需要があるのか? 今回はこちらについて触れたいと思います。

AV業界での需要は?

ヴァーチャル・リアリティー(VR)の技術を取り入れれば、元々2D、つまり平面映像で鑑賞されていたアダルトビデオがより立体的で現実的に見え、まるで鑑賞者の眼前で実際に行為が行われているように感じることが出来る…需要がないはずがありません。しかし、家庭用アダルトビデオ商品全般にVR技術を導入することへの妨げとなるのが、VRを使用できる環境が少ない事ではないでしょうか。特殊な眼鏡を装着してのビデオ鑑賞は、独り暮らしであれば支障ありませんが、同居人がいる場合にはなかなか難しく、鑑賞中に同居人が近づいてきても、来訪者があっても気づくことが困難です。結果、ビデオボックスや漫画喫茶など、独りで没頭して楽しむ事が出来る環境でのみ普及が進む事になります。アダルトビデオ業界でVR対応商品の販売数がイマイチ伸び切らない原因は、このような点にあると思います。

風俗で活用するには?

風俗業界でヴァーチャル・リアリティー(VR)を導入するのであれば、綺麗なAV女優の出演するVR対応のアダルトビデオを客に鑑賞してもらい、映像と同じタイミングでキャストによる手コキなどのサービスを行うものでしょうか? 壁の穴に自分のものを差し入れ向こう側にいる女性に手コキでヌイてもらう、昭和風情漂う隠微なお店の進化版、とも言えるでしょうか? この業態が店舗型風俗店にあたるのかエステ店になるのかはわかりませんが、ある程度の需要はあるのかもしれません。しかしながら、ヴァーチャル・リアリティー(VR)を派遣型などのデリヘル業態へ導入するのは、難しいでしょう。

まとめ

ヴァーチャル・リアリティー(VR)技術については、様々な市場においてまだ有効な利用方法が確立されていない状態であり、風俗のサービスへ落とし込むのは少し時間がかかるでしょう。新たな試みはいくつも行われており、ある風俗案内所ではVR鑑賞装置が設置され、ご案内先のお店に所属する風俗嬢のPR映像が提供されていました。しかしながら、友達同士で案内所に入りワイワイしながら鑑賞するならまだしも、私一人でその場でそれを試す勇気はありません。提供側にも提供される側にもVR技術に対する認知度と慣れが必要なのでしょう。このような状況の中、風俗業界においてヴァーチャル・リアリティー(VR)を有効利用した画期的なサービスを生み出す事が出来るなら、一攫千金も夢ではないでしょう。