デリヘル開業のもう一つの選択肢。デリヘルのフランチャイズとは?

フーコム営業マンの業界日誌

デリバリーヘルス店を開業するにあたり「こんなお店があれば、自分なら通う」と考え、営業方法やお店のコンセプトを思案する人も多いことでしょう。自らが望むものを形にしていくことは、風俗業界に限らずわくわくするものです。その反面、それが世に広く受け入れられ浸透していくものかどうか、その結果、大きく売り上げを上げられるかどうかは、開業してみなければわかりません。オリジナル・独自性にこだわり自分だけの力で開業することも魅力的ですが、リスクを避け、あらかじめビジネス・スキームの整ったフランチャイズ店に加盟することもデリヘル店開業の一つの手段です。今回はそれについて触れてみたいと思います。

デリヘルのフランチャイズとは

フランチャイズビジネスは、飲食店・コンビニなど、様々な業種で展開されているビジネス手法であり、親会社(フランチャイザー)の持つビジネスのパッケージと看板を借りてビジネスをすることです。フランチャイズ店に加盟することで、加盟店(フランチャイジー)はお店の屋号やビジネス手法をそのまま導入でき、その見返りとして売り上げの何割かをロイヤリティーとしてフランチャイザーに支払います。主にデリヘルですが、風俗業界にもフランチャイズ展開を行っているグループがあります。全国展開しているグループ、エリアに特化して展開しているグループ、また人妻店やぽっちゃり店などコンセプトに特化したグループなど様々、存在します。加盟方法についても、一度本社へ社員として入社をして一から業界の基礎を叩き込まれ、ノウハウを吸収し一人前になった後、のれん分けのようにフランチャイズ店を開店できるグループ、業界の経験を問わず初めから一人オーナーとして開店をさせてくれるグループ等、様々です。

デリヘルフランチャイズのメリット

デリヘルフランチャイズのメリットとしては以下の点になります
・すでに浸透しているネームバリュー(看板)を使える
・コンセプトに悩む必要がない
・料金システムやキャストバック料金に悩む必要がない
大きな点としてはこの3点でしょう。既に定評のあるグループ店のネームバリューで、来店客も新規在籍キャストも新規従業員も「あのグループなら安心」と思ってくれることは、大きなメリットとなるでしょう。また、ビジネスモデルも既に完成しており、お店のコンセプトや料金・キャストへのバック料金なども迷うことはありません。また、グループによっては、新規キャストを提供してくれたり、担当営業マンがお店につき、電話対応やキャスト管理の方法を教えてくれたりするところもあります

デリヘルフランチャイズのデメリット

デリヘルフランチャイズのデメリットとしては以下の点になります
・自分の好きなことができない
・ロイヤリティーが高い
販売のパッケージが決まっているため、勝手に料金やコンセプトを変えられません。しかし、この点については、多くのグループが加盟店による独自ブランドの設立を容認する方向にあります。つまり、フランチャイズ店の経営が軌道に乗ったら、自分の本当にやりたかった独自コンセプトのお店を開店が可能なのです。仮に出店に失敗しても、母体のフランチャイズがしっかりしていれば、再度経営を立て直すこともできます。また、グループによっては高いロイヤリティーが要求されるところもあります。経営が軌道に乗れば、支障がありませんが、開業して暫くは大変です。開業から数か月はロイヤリティーをさげてもらうなど、フランチャイザーとの交渉が必要です

まとめ

フランチャイズと聞くと「せっかく起業して自分の好きにやれるのに、また窮屈な思いをしなくてはならない」と思う方が多くいます。開業ノウハウをお持ちの方ならいいですが、経験がないのであれば、フランチャイズで学ぶのもよい選択だと思います。選択肢の一つとして是非、視野に入れ検討することをお勧めします