遊びたくなるのはどんなお店?風俗利用者の嗜好を紐解く

フーコム営業マンの業界日誌

風俗店の開業を目指す人のほとんどは、当然ながら、風俗店で遊んだ経験があることと思います。そうは言っても、風俗利用者の幅広い嗜好を客観的に分析するのは、なかなか難しいものです。風俗利用者の嗜好を確実に捉え、お店のサービスとして実現し、実行することもさらに難しい作業となります。今回は、風俗利用者のさまざまな嗜好について、紐解いてみたいと思います

非現実的なお店で遊びたい

普段できないような非現実的な性的嗜好を、お金を払ってでもかなえたいと思う人は多いです。

・イメクラ
・SMクラブ
・ギャル専門店や人妻専門店

非現実的なお店と言えば、先生と生徒といったシチュエーション・プレイや電車内での痴漢プレイといった、日常で行えば非道徳的であったり犯罪行為であったりするプレイを行うことが出来るイメクラが代表的です。また、他人に明かせない特殊な性的嗜好であり、日常においてパートナーを見つけにくいSMクラブもこれに該当するでしょう。ギャル専門店や人妻専門店についても同様で、日常では実現できない、実現させれば問題となり得る未成年に対する性的願望や人妻に対する不倫願望などを、お金を払うことで満たしてくれるお店と言えるでしょう。

ダメなことほどしたくなる心理

上記のお店もそうですが「ダメと言われるほどやりたくなる」のが人間の心理というものです。

非風俗店のメンズエステにおける手コキ
手コキ有りのライト風俗店におけるフェラ

このような、本来は禁止行為とされているプレイを利用者は「ダメと言われるほどやりたくなる」ものです。これらを実現可能にしたのが、現在流行している手コキ有りのマッサージ・メンズエステ店、あるいはマッサージとヘルスサービスを融合した業態のヘルス店です。その流れでいくと、一部の利用者はヘルス店で「本番行為」を求めているかもしれません。もちろんヘルス店での本番行為、即ち売春行為は違法ですからお店が積極的に謳う訳にはいきません。本番への期待値を高めながらも本番行為は絶対に行わない。このバランスがうまく取れれば、良いお店なのかもしれません。

まとめ

風俗利用者は、万単位の高いお金を支払って、来店します。利用者の嗜好を確実に捉え、満足して頂くのが非常に重要です。だからと言って、利用者の嗜好の究極である本番行為を行えば、風営法に抵触し、即閉店となってしまいます。利用者に本番行為への淡い期待を抱かせながら、所属キャストへは本番行為の禁止を徹底するような力加減がちょうどいいのかもしれません。