実はキャストも損する?風俗業界の裏引きとは

フーコム営業マンの業界日誌

風俗業界における女性キャストの稼ぎは、来店客から受け取った料金をお店と折半(50%)した金額とされているようです。例えば来店客が支払った金額が2万円ならば、お店の取り分が1万円、キャストの取り分が1万円です。風俗という灰色な業界で働く女性には有りがちな事かもしれませんが「お店を通さずお客さんに直接サービスをすれば、全額を受け取れる」と考えるキャストも多く存在するようです。これが業界用語で「裏引き」と呼ばれる行為であり、当然、御法度とされています。今回は「裏引き」行為についてお話しします。

裏引きについて細かく説明します

キャストがお店を通さずにお客さんへサービスを行い、お金を受け取ること

キャストの中にはお店に来て貰うための営業として、キャバクラ嬢の“アフター”や“同伴”のように、常連客と食事をしたりお酒を飲み入ったりすることもあるようです。それがエスカレートしてしまい、キャスト側から「お店と同じ値段で(性的な)サービスしてあげる」との誘いをかけたり、あるいは常連客から「お店を通さずに同じ値段でサービスしてくれ」などとお願いされたりするようです。

当然そうなれば、お店の取り分は無くなってしまい「裏引き」と呼ばれる違反行為となります。「裏引き」が露見すれば、キャストにはお店が受け取れなかった金額分あるいはそれ以上の罰金が科され、「裏引き」に応じた常連客にも来店禁止などのペナルティーが言い渡されます。

それ以前に、常連客とはいえ男性がお金を支払って女性と性的な行為を行う事は、買春行為であり、刑法によって罰せられます。

「裏引き」を防ぐ方法

キャストが風俗店への入店時に交わす「誓約書」には、必ず「裏引き」行為の禁止についての項目があります(ない場合はすぐに入れましょう)。記入させる事は当然ですが、併せて違反行為があった場合の罰則・罰金などについても明確にしておくことをお勧めします。

また、来店客に対してもキャストを派遣する前に「店外デートの禁止」について明確に伝え、お店のホームページにも忘れず記載しておきましょう。繰り返しますが「裏引き」行為は客側にとって「買春」であり、明確な違法行為です。

それでも「裏引き」が起きてしまった場合は、キャストにも客にもしっかりと説明し厳密に対処すべきです。それによって、他のキャストが「裏引き」をするとこれだけの罰を受けると認識し、今後の抑止力となるでしょう。

「裏引き」は、キャストから辞めさせる

風俗店やキャバクラの常連客は、他の男性に比べ女性との接点も恋愛経験も少なく、自分の気に入ったキャストとプライべートで会いたいという欲求がより強くなるものです。また「してはいけない」行為ほどしたくなるのも、人の性というもの。男性側からの誘いを減らす事は至難の業でしょう。

そうであれば、「裏引き」行為を無くすには「裏引きはオイシイ」という女性キャストの意識を変えさせる方が近道でしょう。「裏引き」行為は単純に自分の稼ぎが倍になるため、キャストにとっては、非常に「オイシイ」ものに思えます。しかし、男性客とお店を通さず個人的に会うということは、プライベートの携帯電話番号やラインIDなどを晒すことであり、お店が肩代わりしてくれていた、会うまでの段取りなどの面倒なやり取りも自らこなさなければなりません。

また、一度「裏引き」をしてしまえば、男性側の要求にも歯止めが効かなくなり、プライベートにまで干渉したりストーカーまがいの行為をしたりまでエスカレートする事例も見受けられます。そうなってもお店を通していないため助けては貰えず、個人的な連絡をブロックしても、お店に来店されれば、店側にはNGにする理由が無いため接客をせざるを得ません。

結果、お店に居られなくなり退店となることも多いようです。このような説明をして、キャスト側から「裏引き」を辞めさせる事が得策です。

まとめ

自分で客を惹きつけることの出来る優秀なキャストほど「裏引き」は、一見、魅力的に思えるでしょう。男性とのやり取りに「風俗店」が介在するメリットを明確に伝え、「裏引き」が危険を伴う行為であることを理解して貰いましょう。「裏引き」の危うさをきちんと理解できていれば、キャスト自ら「裏引き」を行う事はありません。